ランドセル

まだまだ寒い時もありますが、空が明るく春の訪れを感じます。

我が家の長女、まもなく小学校の卒業をむかえます。
毎日のように卒業までのカウントダウンをして次のステージを心待ちにしている様子。
ランドセルも明日で使い納めです。
すっかりランドセルが小さい体になりました。

(左より年長長男、小2次女、小6長女)

で、このあとのランドセル、どうしましょ?
本当は長男がお下がりで使ってくれたらありがたいのですがさすがにチェリーピンクは男子にはキツイ。

先日実家で母親から「あなたのランドセル、そろそろ引き取ってくれん?」と言われて嬉しそうに出してくれたランドセルをみて、愕然としました。
なんか粉吹いてますよ。なんの粉か確かめるのも、中身を見るのも怖い…。
「すみませんが、そのままお捨てください」っていうことになりました。

思い出ででとっておくにはかさばるし、こんな結果になってしまいます。

じゃあその他

・ミニチュアランドセルにする?
→思い出だけにそんなコストをかける余裕がありません。
・海外に送って、使ってもらう。
→ランドセルって無駄に重いし、使い古しだし、ホントに需要があるの?
・じゃあすてちゃう?
→自分でできる何か方法ないかしら?
メッセージを卒業式にランドセルに書いてもらうそうです。そこだけでも思い出に残せないかしら。
と、いろいろ思いを巡らせています。

あと一日終わったら卒業式。
楽しい小学校でよかったね。
また中学校生活も楽しんでね。
そして、勉強頑張れ!!

イシドウ ナオコ
イシドウ ナオコ
石堂直子くらしデザインオフィス 1級建築士事務所 代表/ 1級建築士/ インテリアコーディネーター/ 福祉住環境コーディネーター2級/ 整理収納アドバイザー1級/ 整理収納アドバイザー2級認定講師/ 福岡市在住 2女1男の母。 大学卒業後、建築業界に従事。主に住宅の設計に携わり、特にリフォームを得意とする。 結婚後7度の引越し経験からモノとの付き合い方、整理収納の奥深さに目覚める。