義母に会いに

気がつけばもう2月。
早いですね。

昨年末までチームに入っており、そこで週に一回、当番でブログを書いていました。
その一年半、三日坊主で続かない私は必死でブログをアップしてきたのですが、チームを卒業した途端に滞りがちで、自らの意志の弱さを痛感しています(^^;)

義理の母が脳梗塞で倒れて一年が経ちました。
一人暮らしだったために発見が遅れて、脳のダメージがひどく、一時は生死の境をさまよう日々が続きました。
今は容体は落ち着いていますが、寝たきりで、話をする事もできず、食事も胃瘻から取っています。
夫は職場から施設が近く、仕事帰りに頻繁に面会に行っていますが、私は週末に、夫と面会に行く程度で、預かっていただいている施設の方々には大変感謝をしています。
そんな感じで任せっきりなのに、面会に行くたびに義母は辛そうで、心の弱い私は心が痛み、目をそらしたくなるのです。
それでも、夫はいつも時間が許す限り施設に行き、優しく義母に接して、励まし、笑わせようとする姿に彼の新たな一面を感じています。

昨日の義母はとても穏やかでした。
いつも私は夫の側でそっと居るだけなのですが、何かの拍子に私と目があった時にキラキラとした目でフワッと微笑んでくれて、心があったかくなりました。

我が家からそこの施設まで車で片道1時間弱かかります。
今まで、仕事や家事子育てで忙しく、夫婦の会話は皆無に等しかったのに、週末ごとに夫とドライブする事でたくさん話しをする機会が増えました。
時にはしょうもない話から、仕事のこと、子育てのこと、生と死に至るまで、コンビニのコーヒーを片手に話す話題は尽きません。