ビルダーさんも整理収納を考える時代です

先日、私がスタッフとしてお世話になっているハウスキーピングsan代表、里館講師によるDAIKENセミナー2016『リビング収納攻略法』に行って参りました。

主にビルダーさんを対象としたセミナーで、総勢20人もの人が受講されていました。

私は建築士でもあり整理収納アドバイザーでもあることから双方
※この場合、ハードを作る人(ビルダー)と整理収納方法つまりソフトを伝える人(整理収納アドバイザー)の心情は理解していると自負しています。

ユーザー(お客様)はとにかく散らからない収納の充実した家に住みたいと思っています。
それを受けてビルダーは一生懸命収納を作ります。とりあえずこれくらい作っておけばいいだろうって感じで、もちろんお客様のモノの量などは把握できていません。そして往々にして、お客様自信も自分のモノの量を把握できていません。

この状態ではまず収納計画はできないのです。

お客様とビルダーさんの間に入って橋渡しをする人(整理収納アドバイザー)の必要性はとても大きいと思います。

何を隠そう私もその必然性から整理収納アドバイザーの資格を取りました。

また、ビルダーさんにも整理収納のノウハウを知っていただく必要があります。

里舘氏が講師を務める『住宅収納スペシャリスト』は1日セミナーでそのノウハウを伝える講座を開催しています。
http://housekeeping.or.jp/blocks/index/01303
もう少し踏み込んだ収納計画を立てたいと思っているビルダーさん、そして整理収納アドバイザーの方にも受けていただきたい講座です。

収納で悩んでいるお客様を1人でも笑顔にするために頑張りましょう!!